X Projectとは

暗号通貨詐欺救済を謳うX Project は暗号通貨詐欺にあったコインを申請することでX Coinが配布され、その他のコインに変換できるサービスです。 実現可能だとしたらまさに救済プロジェクトですね。 当初は無料でXcoin にで変換できるという情報が回っていたようですが、いま確認できる情報だとどうやら手数料が掛かるらしいです。 もし無料で配布を行った場合、X Project 側のメリットが全くないのでどのようにして会社として収益を上げているのか気になるところですね。 どう考えても手数料のみでは配布コイン分の収益は賄え切れないと思います。 詐欺被害者から搾取しようとしている悪い業者のような気がしてなりません。

取引所

今年開設されたばかりのIDCMQueseraという取引所の登録が必要になります。 IDCMQueseraは信用性などはまだ未知数の取引所になります。

会社所在地

公式ホームページには会社所在地の記載はありませんでした。

金融ライセンス

金融サービスを提供する金融事業者なのですが、金融ライセンスの記載等もありませんでした。 信託保全にも関わるので投資を行う際は金融ライセンスの有無も確認しましょう。 また、どこの国の金融ライセンスなのかも重要になります。 金融ライセンスがない金融サービスは金融事業者として信用性が落ちます。

SNSの評判

SNSで肯定する人のほとんどは自分のアフィリエイトリンクを踏ませるための投稿でした。 中には否定的な意見もあり、価値のなくなった暗号通貨に付加価値を付けても意味がないとの声も上がっています。 今年できたばかりの投資案件なのでまだ評判は少ない状態です。

まとめ

会社の所在地や創設者、金融ライセンスの有無が明記されていないので今のところ信用性はないですね。 そもそも詐欺通貨や大暴落した通貨に付加価値を付けてコインを配布するという仕組みに疑問を抱きます。会社側はどのように利益を上げるのか、手数料のみで収益を上げるとしたら直ぐに倒産してしまいますね(笑) 暗号通貨で悔しい思いをした人を救済と謳っていますがどう考えても詐欺の匂いしかしません(笑) 利用するのは辞めたほうがよさそうですね。 詐欺などの投資案件が多い中、私が運用しているFXSUITの「さんすくみ」は出金拒否もなく、手法自体は昔からあり、安定して収益を積み重ねることができます。 分かりやすく開設しているので気になる方はこちらから