Betokenとは

投資家やトレーダー達のお金をBetoken内の実績のあるマネージャーが資金を運用することで投資の実力がないけど資金はあるような人におすすめな分散型ヘッジファウンドです。

収益の仕組み

投資した資金がBetokenで自動的に割り当てられ、取引の実力のあるマネージャーが運用することで資金を増やしていきます。 MelonportやeToroなどのプラットフォームとは異なり、最高のパフォーマンスを発揮している人材を慎重に選ぶために時間を使う必要はなく、すべてのBetokenマネージャーは、投資者が寝ている間も市場に対して積極的に取引するとのことです。 昨今の暗号通貨投資案件は配当型ウォレットによるポンジスキームが多く、配当型暗号通貨投資案件のほとんどが詐欺でした。 Betokenに関しては配当型ではなく、Betoken内のマネージャー(取引を行う人)が運用して収益をあげるようです。 また、BetokenはICOを行わず、また事前発行されたトークンを含まずに開始しました。私たちは初期資金を寄付に頼っています。100%コミュニティ主導の資金調達モデルを実験しているとのことで資金を投資家などから調達して運営しているとのことです。 暗号通貨で行う投資案件は形が違えど、注意は必要だと思います。 特に最近できた新しい暗号通貨の投資案件はポンジスキームの可能性もあるので要注意です。

金融ライセンス等

Betokenに関しては金融ライセンスなどがなく、全く独自のシステムで運用しています。 金融サービスを提供している会社としては専門的な機関へのライセンスは取得してほしいですね。信用性はあなた自身の思いのみになり兼ねませんからね。 また、現在のBetokenのプロジェクトはベータ版とのことで、いわゆるサンプル、お試し版ということになります。資金が無くなってしまっても自己責任ということになります。 正式な保証が確認されていないので、正式版が出るまで投資は控えたほうがいいと思います。

出金に関して

出金申請に関しては公式HPに記載はありませんでした。 SNS上で投稿されている出金情報によるとどうやら出金はされているようでした。 ただ、画像はアメリカドルへ換金しているだけのように見えます。 正式な金融機関への出金がわかるものではないので信用してしまうのは良くないかもしれません。

まとめ

Betokenは正式なライセンスの保有がなく、信用性が全くない状態なので今は投資をするには危険かもしれません。 暗号通貨によるマイニング詐欺、ポンジスキームが増えてきているので要注意です。 出金制限などの情報がないので今は出金可能なのかもしれませんが、いずれ飛ぶであろうと予想しています。 今行っているプロジェクトはベータ版らしく、そもそもサンプルで金融サービスを行うのも変な話ではありますが、公式版が出るとどうなるのか注目はしてみたいですね。 私が実際に運用している投資法は銀行の預金感覚で行うことができます。 ポンジスキーム詐欺で流行りの暗号通貨とは違います。