今回の新型コロナウイルスの影響を受け一部の業界ではかなりの大打撃を受けています。

会社自体がなくなってしまった人や解雇まで追い込まれた人も多いでしょう。

在宅ワーカーの場合、働く場所を選びません。

自宅で仕事をできるのはもちろんのこと、ちょっと気分を変えたければ近くのwifiが通っている喫茶店に行って作業をすることもできます。

もともと在宅ワーカーだった人のほとんどが今回のコロナウイルスの影響を受けていないと言えます。

影響を受けないどころか今回のことで飛躍的に売上(収入)が伸びたところもあるくらいです。

今回のウイルスは世界的な問題でした。

しかし、そうでなくとも日本は地震大国なので震災被害に巻き込まれる可能性も十分にあります。

そうなった場合、働く場所が決まっている方の場合は次の対応ができなくなってしまいます。

働く場所を選ばない在宅ワーカーならこのような事態の際にも柔軟に対応することができます。

僕が行っている投資は場所も時間の必要のない不労所得の仕組みと同様な投資法を活用しています。

FXで行う手法で毎月安定して運用額の15%収益を獲得することができます。

細かいトレードが不要で一度ポジションをとったら放置するだけの銀行の預金感覚で行えるのでおすすめです。